HOME | 診療案内 | 一般歯科

虫歯は早期発見・早期治療が大切です
早期発見・早期治療

虫歯の治療は、虫歯菌がどこまで感染しているかで異なります。
初期の虫歯の場合は、むし歯の部分を削りそこにプラスチックや金属で修復をしていきますが、もし神経まで進行してしまった場合は、感染した神経を取り、消毒した後薬を詰めて細菌が入り込まないようにする根管治療が必要になります。
神経を取り除いた歯は将来的に歯の破折を起こす危険性が高まり、破折するとほぼ抜歯しなければならなくなってしまいます。

虫歯の原因

お口の中には多くの細菌が存在しますが、その中の虫歯菌(ミュータンス菌やラクトバチラス菌など)が虫歯の直接の原因です。歯垢(プラーク)に潜んでいる虫歯菌が、お口の中に残っている食べカスの中の糖分をエサに酸をつくります。この酸が歯を徐々に溶かしてしまうのです。
食事などをするとお口の中は酸性になり、この酸性の状態が続くと虫歯になりやすくなります。この状態を改善してくれるのが唾液です。唾液にはお口の中を中性に保ち、汚れを洗い流す自浄作用があります。
また歯質によっても虫歯のなりやすさは変わります。虫歯に強い歯もあれば、弱い歯もあります。子供の歯(乳歯)は永久歯に比べ虫歯になりやすく、進行が速いのでとくに注意が必要です。
虫歯を引き起こす要因は、歯質、虫歯菌の数、そして唾液の分泌量と関係しているということを覚えておいてください。

虫歯

虫歯の進行別の症状と治療法

C0:ごく初期の虫歯

C0:ごく初期の虫歯

【症状】虫歯になる前兆段階で、表面のエナメル質が溶けはじめ、歯が白く濁ったようになります。

【治療法】適切なブラッシングやフッ素塗布などのオーラルケアによって歯の再石灰化を促すことで、治癒が期待できます。

C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯

【症状】表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずみはじめた段階です。初期段階の虫歯なのでまだ痛みなどの自覚症状はありません。

【治療法】適切なブラッシングやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促したり、程度によっては虫歯の部分を削りレジン(歯科用プラスチック)などの修復材を詰めることもあります。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯

【症状】エナメル質の内側にある象牙質まで達した虫歯です。冷たいものや甘いものがしみることがありますが、ほとんど自覚症状はありません。

【治療法】虫歯になった象牙質の部分を削り、レジンやインレーなどの詰め物で補います。穴が深い場合は神経を保護する処置も必要になります。

C3:神経に達した虫歯

C3:神経に達した虫歯

【症状】虫歯が象牙質のさらに奥にある神経にまで達した状態です。冷たいものや熱いものがしみる、何もしなくてもズキズキ痛むといった症状が出てきます。

【治療法】神経を除去し、根管の内部を消毒して薬剤を詰める治療を行い、クラウン(被せ物)を入れます。

C4:歯根に達した虫歯

C4:歯根に達した虫歯

【症状】歯の大部分が溶けて歯根だけが残っている状態です。痛みはいったんなくなりますが、歯根の先に病巣が進むと膿ができ、ふたたびズキズキと痛みます。

【治療法】根管治療を行うか、抜歯を行います。抜歯後、インプラントや入れ歯治療などにより、失った歯の機能の回復を図ります。

日本の成人の約8割は、歯周病または歯周病予備軍であるといわれています

「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが腫れている」「口臭がきつくなった」「歯がグラつく」といった症状は歯周病のサインかもしれません。歯周病は、自覚症状があまりないまま進行してしまう怖い病気です。そのため気づいたときにはかなり症状が進んでいることも少なくありません。歯周病も虫歯同様、早期発見・早期治療が大切です。

生活習慣から歯周病を見直しましょう

1.禁煙しましょう

喫煙すると血管が収縮し、血流を悪くなり、歯周病が悪化します。歯周病のリスクを減らすために、そして健康のためにも禁煙をおすすめします。

2.食生活に注意しましょう

「甘いものやわらかいものばかり食べる」「長時間食べ続ける」などの食生活は、歯垢がたまりやすくなります。栄養の偏りは身体の抵抗力の低下につながり、歯周病の悪化の要因になります。

3.ストレスを減らしましょう

ストレスがあると歯ぎしりをしたり、抵抗力の低下を招いたりします。どちらも歯周病の悪化につながります。

4.ブラッシングをしましょう

お口の中の食べカスや歯垢が残っていると歯周病になりやすくなりますので、丁寧にブラッシングしましょう。とくに歯並びの悪い人は、食べカスなどが残りやすいので、念入りにブラッシングをしてください。

5.口呼吸はやめましょう

口呼吸をすると口の中が乾燥し、口腔内を洗浄してくれるだ液が減ってしまうため、歯周病や虫歯になりやすくなります。

6.女性ホルモンの変化に注意しましょう

女性ホルモンなどのバランスが変化すると歯周病にかかりやすくなります。思春期や妊娠期、更年期の時期にはとくに注意が必要です。

7.持病のある人は注意しましょう

糖尿病などの持病がある人は、身体の抵抗力が低下しやすいので、歯周病も悪化しがちです。

歯周病の進行度合

軽度の歯周病

軽度の歯周病

歯ぐきに軽い炎症を起こし、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が少し深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシングのときや硬いものを食べたときに出血することがあります。

中等度の歯周病

中等度の歯周病

歯垢が歯石に変化し、歯周ポケットがより深くなり、炎症が進行して歯を支える顎の骨にまで達した状態です。歯がグラつきはじめ、歯ぐきが腫れて出血も見られ、歯が浮く感じや口臭も現れます。

重度の歯周病

重度の歯周病

歯を支える顎の骨の半分以上壊された状態です。歯ぐきが下がって歯がグラつき、膿が出て、痛みや口臭がきつくなります。さらに悪化すると、複数の歯に感染して抜け落ちることがあります。

 
歯周病の予防にもっとも効果的なのは毎日のブラッシングです。
自己流ではなく、お口の状態に合った正しいブラッシングを身につけて、効果的に行うことが大切です。
そしてもうひとつ大切なのが、定期的な歯科医院でのオーラルケアです。
毎日のブラッシングでは落としきれない汚れを徹底的に落とすことで、お口のトラブルの予防につながります。ご自分の歯をいつまでも健康に保つために、お口のお手入れをしていきましょう。