入れ歯

レジン床義歯

歯肉に触れる部分がレジンで作られた保険適応の入れ歯です。強度が弱い分厚みが出てしまい、装着時の違和感はあります。保険適応のため安価に治療でき、ほとんどの症例で使用でき、修理しやすいというメリットもあります。 

レジン床義歯

 

アタッチメントデンチャー

規格化されたアタッチメントを使用し、外れにくく、自身の残存歯と一体化するため、しっかり噛めます。また金属のバネがなくすこともできるため、見た目にもきれいです。
 

アタッチメントデンチャー

 

インプラントオーバーデンチャー

残存歯がなくてもインプラントと組み合わせることにより、外れにくく、しっかり噛める入れ歯を作ることが可能です。
 

インプラントオーバーデンチャー

 

金属床義歯

歯肉に触れる部分が金属素材で作られた入れ歯です。薄くつくることができるので、熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいという特徴があります。レジン床よりも精度が高く製作できるためがたつきの少なく、強度も高いため長持ちします。
 

金属床義歯