入れ歯
いつまでも健康な歯でいるためには予防が大切です

どのような病気も、事前に防止することが1番の治療です。
ご家庭でのむし歯や歯周病の予防といえば歯を磨くことですが、実は正しい歯の磨き方をしている人はほとんどいません。
どうしても歯につく細かい雑菌の除去がうまくできておらず、毎日歯磨きをしているのにむし歯や歯周病になってしまいます。
ご家庭での歯磨きと並行して、定期的な来院によるメインテナンスを行うことが重要です。当院では、ご家庭でできるむし歯予防、歯周病予防を皆様のライフスタイルに合わせてご提案させて頂くとともに、ご家庭ではどうしても落とせない汚れを定期的な健診で取り除いていきます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導
毎日のセルフケアのため患者様一人ひとりのお口の状態に合わせた適切なブラッシング方法をアドバイスします。
自己流のブラッシングでは汚れをしっかりと落とせないことがあり、せっかく毎日ケアしても効果が期待できません。プラークがたまらない健康なお口を保つためのサポートをいたします。
 

歯垢や歯石を残さないことが大切です

歯科医院でのメインテナンスは、むし歯や歯周病を予防し、健康な状態を維持していくためにはとても大切です。
細菌の集合体の歯垢は、毎日の歯磨きで除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌は歯磨きだけでは取れません。
また、歯石になってしまった部分はいくら頑張って歯磨きをしても自分では取ることができません。
定期健診では毎日のブラッシングでは落としきれない汚れを専用の機器を使って除去します。
 

8020運動

8020運動
みなさんは、厚生労働省や日本歯科医師会が推奨している8020運動をご存知でしょうか?
80歳になっても20本以上の歯を残し、生涯自分の歯で食べる楽しみを味わっていくための運動です。
大半の人は80歳になった時に、半分以下の本数しか残っていないのが現状です。
私たちの歯は全部で 28本(親知らず除く)ありますが、 20本以上あれば食生活に困ることがないと言われています。生涯食べる物を選ばずに楽しい食生活を送り続けるためには、全ての年代において健康な歯を保つ 予防処置 が大切です。
平均残存歯数の比較グラフ